【キッズ・ベビー】のお買い物ならビッダーズ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ドロシー・ロー・ノルトの詩
If children live with criticism,
They learn to condemn.
If children live with hostility,
They learn to fight.
If children live with ridicule,
They learn to be shy.
If children live with shame,
They learn to feel guilty.
If children live with encouragement,
They learn confidence.
If children live with tolerance,
They learn to be patient.
If children live with praise,
They learn to appreciate.
If children live with acceptance,
They learn to love.
If children live with approval,
They learn to like themselves.
If children live with honesty,
They learn truthfulness.
If children live with security,
They learn to have faith in themselves and others.
If children live with friendliness,
They learn the world is a nice place in which to live.
先日、マスコミでも大きく取り上げられました、ドロシーさんの詩の原文です。翻訳されたものは、もう皆さんご存知でしょうね。一応貼っておきますね。

批判ばかりされた 子どもは
 非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは
 力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは
 ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは
 鈍い良心の もちぬしとなる
しかし、激励をうけた 子どもは
 自信をおぼえる
寛容にであった 子どもは
 忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは
 評価することを おぼえる
フェアプレーを経験した 子どもは
 公正を おぼえる
友情を知る 子どもは
 親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは
 信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じとることを おぼえる



さて、私のオススメ本としても左サイドメニューに載せていますが、「この本を読んでその通りに育児をしたい」と思っているわけではありません。

正直言って、まだ育児というもののイメージが沸いていません。あらかじめ参考のために、色々な知識に触れておくのはとてもいいことだろうと思います。でも、それで得た知識って【テクニック】のような気がします。後から、「あぁ、そういうことか。」って分かるものなんじゃないかなぁと。

私自身が育児に関して心に決めたことは、今のところ一つだけです。
【面倒がらずに、真剣に子供と向き合おう】という事。未だ見ぬ子供に、果たして詩のように接することができるか、今は全くわかりません。だから、子供を真剣に見ていきたいと思うのでした。
スポンサーサイト
【 2005/05/22 18:35 】

| 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<温泉水 | ホーム | 産み分けの新説>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ourbaby.blog10.fc2.com/tb.php/3-2b9f1122
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。